まだ雪の降る寒さの北国ですが、先日窓の交換工事をしました。
築25年のお客様の住宅です。

もちろん新築時に複層ガラス(間に乾燥空気入り)を使ったのですが
年数と共に外の空気と入れ替わり、複層ガラスの内側に結露が出来てしまいました。
古い窓を外してみると…


複層ガラスの隙間を塞ぐ縁のゴムが、指が入るくらい押されています。おそらく寒暖の差で気圧の差が生じたんだと思います。長い事この仕事をしていますが、その場にいたガラス屋さんも含めて初めて見る現象でした。
 

低い場所の窓です。職人さんチェック中。


今回は全ての窓では無く、痛みのひどい窓のみを取り急ぎ交換しました。

上の写真だと少し分かりづらいのですが、
お施主様曰く
「交換した窓と、交換していない窓から来る冷気が格段に違う。そして新しい窓の方がとても明るい。」とのことでした。
喜んで頂けて何よりです。
ありがとうございました!!

窓の交換は省エネ対策にもなります。
交換した窓は結露もしにくくなり、工事後のお話で残りのガラスも検討していただけることになりました。

冬の暖房代、夏のエアコン代が気になる方はお気軽にご相談ください。



 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。